完全遮光生地を使った超軽量日傘

遮光100%の生地とカーボンファイバーフレームを組み合わせ、108グラムという軽さを実現。

また風速15m/sまで耐えられる耐風構造で、軽さと丈夫さを兼ね備えた完全遮光アンブレラ。

世界最軽量クラスの遮光日傘

紫外線が強くなる季節は日傘を携行される方が多くなりますが、持ち運ぶ日傘は遮光率が高く、軽くて丈夫な商品が求められています。遮光率が高くなると生地が厚くなってしまうので、生地を支える傘骨も丈夫にする必要があり、全体的に重くなってしまうのがデメリットです。特に「遮光100%」の日傘は生地が厚く、持ち運びに便利な折りたたみ傘には不向きでした。

 

ヒートブロックは、遮光100%の生地スペックは維持しつつ、生地を薄く軽く改良した完全遮光生地を開発。

生地が薄く軽くなることで、傘骨も軽量化することが可能となり、本体重量約108gを達成。

遮光率100%の生地を使用した折りたたみ日傘としては、世界最軽量クラスの重量です。

遮光率100%の生地を使用

ヒートブロックは生地の裏面に遮光フィルムをボンディングした2層構造になっています 。

この2層構造によって遮光100%を実現しています。

生地が破れたりしない限り、その遮光効果は半永久的です。

遮光性能については第三者検査機関による遮光性の検査で遮光100%を確認済み。

検査方法はカーテンの遮光性などを評価する装置でJIS-L-1055 A法(照度100,000lux 真夏の日差し相当)で実施しています。

 

【注意事項】

遮光率の検査は傘生地のみで行います。縫製加工した完成品では検査を行うことが出来ません。

完成品では縫製加工部分があり、縫い目などから光が漏れる場合があります。

UVカット率は99.9%

遮光100%生地は太陽光が透過しない
遮光100%生地は太陽光が透過しない
UVカット91.7%生地では太陽光が透過してしまう
UVカット91.7%生地では太陽光が透過してしまう

第三者検査機関によるUV測定検査で紫外線遮蔽率99.9%(最高値)であることを確認済み。

測定波長は280mm-400mm、バンドパスフィルター使用。

極薄軽量生地

生地は細い糸で織り上げることにより、薄く軽く改良することが出来ました。

一般的な雨傘で使われている糸の太さは75デニールですが、「ヒートブロック」に使用している生地は、ストッキングに使われる糸の細さと同レベルの15デニールです。

カーボンファイバー軽量骨

傘骨は軽くて丈夫なカーボンファイバーとアルミニウムを組み合わせたフレームにすることで軽量化を実現しました。

骨を5本にすることで、より軽く

ヒートブロックは親骨を5本にする事で軽量化 
ヒートブロックは親骨を5本にする事で軽量化 
一般的な折りたたみ傘の親骨は6本
一般的な折りたたみ傘の親骨は6本

軽くても丈夫なフレーム

今までの傘は軽量化をすれば強度が下がり、丈夫にすると重くなっていました。ヒートブロックは軽いだけでなく、強度や耐久性にも配慮して設計しており、風速15m/sまで耐えられる丈夫なフレーム構造になっています。

 

【注意事項】

耐風テストは徐々に風速を上げながら傘に負荷をかけていきます。傘を開く時に勢いよく操作するなどの瞬発的な負荷には耐えられない場合があります。

カラーバリエーション