遮光率99.99%以上の生地を使った日傘

HEATBLOCKは遮光率99.99%以上(遮光率の最高値)の生地を使った日傘です。

遮光率とは太陽光をどれだけ遮ることができるのかを数値化したもので、遮光率99.99%以上というスペックは太陽光をほとんど通さないと第三者検査機関で証明されています。

「遮光率99.99%以上」は遮光検査の最高値です

第三者検査機関の規定変更があり遮光率100%(いわゆる完全遮光)でも、検査証明書は「遮光率99.99%以上」という表記に変更となりました。

規定変更にしたがい、遮光率100%の表示は中止し、現在は「遮光率99.99%以上」が遮光の最高値となります。

遮光率100%となっている商品も、遮光率99.99%以上の商品も、品質的な優劣はなく同等の遮光品質です。

遮光率99.99%以上の日傘で熱中対策を

<遮光率99.99%以上の生地>
<遮光率99.99%以上の生地>
<UV91.7%カットの雨傘用生地>
<UV91.7%カットの雨傘用生地>

遮光率99.99%以上の生地は、太陽光がほとんど透過しないので、熱やUVをカットする効果が高くなります。

UV91.7%カットする一般的な雨傘用生地は、太陽光が透過してしまい、日傘としての効果は弱くなります。

遮光フィルムの効果は半永久的

ヒートブロックは生地の裏面に遮光フィルムをボンディングした2層構造になっています 。

この2層構造によって遮光率99.99%以上を実現しています。

生地が破れたりしない限り、その遮光効果は半永久的です。

※遮光には2つの加工方法があります。ひとつは上記で紹介した遮光フィルムのタイプ。もう1タイプはポリウレタンコーティングという加工で遮光効果を出す方法です。ポリウレタンコーティングは経年劣化や摩耗などによりコーティングが剥離してしまうので、遮光効果・遮熱効果、紫外線カット効果が徐々に落ちてしまいます。

遮光率の検査方法は?

遮光性能については第三者検査機関で、遮光性の検査を実施します。検査方法はカーテンの遮光性などを評価する装置でJIS-L-1055 A法(照度100,000lux 真夏の日差し相当)で実施しています。

※遮光率の検査は生地のみで行います。縫製加工した完成品では検査を行うことができません。完成品では縫製加工部分があり、縫い目などから太陽光が漏れる場合があります。

遮熱効果も

ヒートブロックは遮熱効果もあります。生地素材やカラーによって遮熱率は異なりますが、およそ33%〜50%の遮熱率です。遮熱率とは、太陽光の熱をさえぎる性能を数値化したもので、温度上昇がどれくらい抑制できるのかを試験します。

遮熱率が高いほど、熱を遮る性能が高いことを示します。遮熱率はランクがあり、下記のように7段階に分かれています。

遮熱率 区分記号
65%以上 S65+
55%以上 65%未満 S55
45%以上 55%未満 S45
35%以上 45%未満 S35
25%以上 35%未満 S25
15%以上 25%未満 S15
15%未満 S15-

紫外線は99.9%以上カット

第三者検査機関によるUV測定検査で紫外線遮蔽率99.9%以上(最高値)であることを確認済み。

測定波長は280mm-400mm、バンドパスフィルター使用。

※UVカット検査も遮光検査と同様で、UV100%カットの性能でも、検査証明証は99.9%以上という表記になります。UVカット99.9%以上という性能はエビデンス上の最高値です。

雨の日も使えます

ヒートブロックは雨の日も使えます。

生地には撥水加工がしてありますので、急な雨が降ったときには、雨傘としてもご利用いただだけます。

Products

遮光率99.99%以上×108g超軽量折りたたみ傘
遮光率99.99%以上×108g超軽量折りたたみ傘
遮光率99.99%以上×軽量自動開閉折傘
遮光率99.99%以上×軽量自動開閉折傘

遮光率99.99%以上×日本製シャンブレー
遮光率99.99%以上×日本製シャンブレー